らばQ

1/62ページ
  • 2019.03.22

「頼みごとをした人より、された人のほうが相手のことを好きになる」海外の反応いろいろ

誰かに好意を持ってもらうには、どうしたらいいのでしょうか。 特に自分のことをなんとも思っていない人や、あるいは嫌っていそうな場合には多大な努力が必要です。 相手のお願いを聞いてあげるとか……? いいえ、実は相手に頼みごとをするのです。 続きを読む Source: らばQ

  • 2019.03.21

ネコ科の最高お昼寝コラボ(動画)

猫を多頭飼いしていると、猫同士くっついて眠る場合もめずらしくありません。 こちらのお宅でも、2匹が仲良くお昼寝しているのですが……。 ネコ科のキュートなコラボレーションが人気を呼んでいました。 動画をご覧ください。 続きを読む Source: らばQ

  • 2019.03.20

「拒食症から回復して…スーパーヒーローになれたと思う!」ビフォー&アフター写真が多くの人に希望を与える

ときどきダイエットに成功して、減量前と減量後の比較写真を披露する人がいますが、その逆もあります。 摂食障害による激痩せから「スーパーヒーロー」に変身を遂げた男性が、ビフォー&アフター写真を海外掲示板に投稿し、称賛を受けていました。 続きを読む Source: らばQ

  • 2019.03.20

史上最高の「レース鳩」が1億5600万円で落札…最高額の記録を大幅に塗り替える

近年、中国の富裕層の間ではレース鳩(伝書鳩)の人気が上がっており、高額で取り引きされることが珍しくないそうです。 これまで最も高額なレース鳩は、2017年にオークションで45万ドル(約5000万円)の値がついた“Nadine”で、やはり落札者は中国人愛好家でした。 今回、史上最高と評されるベルギーのレース鳩「アルマンド」“Armando”が出品され、最高記録を大幅に更新しています。 続きを読む S […]

  • 2019.03.19

「2台分のスペースをまだいで駐車しているBMWがあった、ひどい!」→よく見たら責める気になれなかった

日本の駐車場はたいていマナー良く利用されていますが、海外ではひどい停め方をしている車も珍しくありません。 1台のBMWがラインを堂々とはみ出し、あろうことか2台分のスペースをまたいで駐車していたそうです。ところがよく確認してみると……責める気が失せてしまったとのこと。 写真をご覧ください。 続きを読む Source: らばQ

  • 2019.03.19

「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」海外の反応

糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリンも例外ではありません。 保険が効く人でさえ、728ドル(約8万円)の請求書を受け取る状態だそうで、捻出できずに死んでいく人が増えているというのです。 続きを読む Source: らばQ

  • 2019.03.18

外国人「日本の公園も掃除してみたよ…あれっ?」掃除チャレンジのビフォー&アフター写真

世界各地で広がりを見せつつある公共の掃除運動。 (参照:世界中で「掃除チャレンジ」に賛同する人が次々に現れる…ビフォー&アフター写真) そんな流れの中、「日本の公園でも掃除したよ」と、海外掲示板でビフォー&アフターが人気を呼んでいました。 続きを読む Source: らばQ

1 62